次世代大量培養装置 Achieva-CS

 

 *> 国産化(Ver.2完成)に伴い、こちらの販売とメンテナンスサービスは終了しました(R2 3.16)。

 *> 修理をご希望の方は、お問合せよりご連絡下さい(基本的には、有償のVer.2交換対応になります)。

 

再生医療の未来を変える、フルステムの培養技術。

 

これまで不可能だった不織布培養からの細胞回収を実現した、世界初の三次元自動大量培養装置

 

(1)最大10⁹個の細胞数(人手培養の約10倍)を達成

(2)安全キャビネットに設置可能なサイズ

(3)Wi-Fiによる遠隔操作

 

Achieva-CSが採用した三次元培養では、細胞足場に不織布を使用しています。培養面積の高密度・省スペース化により、低コストかつ生体内環境に近い状態での大量培養が実現しました。専用の培養ボトルに注射器で細胞を入れて頂くだけで、培養工程の一括管理と品質の均一化が可能となりました。

細胞種ごとに最適化された培養プロトコルを使用し、液晶タッチパネル上で操作ができます。また、排出される培養液のモニタリングを行うことで、最適な細胞回収時期の予測ができます。

より高い清浄度の環境下での操作を想定し、安全キャビネット内に設置可能なサイズで設計されています。培養工程の自動化と安定した培養環境を同時に実現することで、これまで不可能であった、培養士への負担軽減と細胞製造におけるコストを最小限に抑えることが可能になりました。

 

仕様詳細に関しましては、お問い合わせください

※ 受注生産品・研究用 

※ 装置使用時、培養キットはフルステム社によって選定・検証されたキットをご使用ください

 

 

  希望小売価格:オープン価格
2018年04月04日