培養上清・エクソソーム関連製品

間葉系幹細胞(MSC)を用いた細胞治療が、再生医療等安全性確保法に基づき実施されています。治療において、投与されたMSCは悪くなった細胞と置き換わる(細胞置換療法)わけではないため、MSCが放出するサイトカインやエクソソームと呼ばれる細胞外小胞内に含まれる情報伝達物質やタンパクが、それらの治療における効果の主役的な役割を果たすのではないか、と考えられつつあります。

 

MSCを増殖・培養させる過程において、これらの成分が放出され培養液中に含まれており、この培養上清液を治療に用いる試みが、美容系クリニックを中心に広まっています。しかしながら、これらの新規治療においては、細胞成分を含まないことからも適正な法規制がなく、製造法が分からない外国製品であったり、市販製品が適切な方法や安全な成分を用いた培養液によって製造された培養上清液ではないことへの懸念も高まっています。

当社においては、再生医療等安全性確保法に対応できる自動培養装置及び閉鎖系細胞培養キットとして、適切な材質・素材の細胞容器や不織布、チューブ類を使用しており、また、動物由来成分が含まれない完全無血清培地による標準キットを発売しております。

 

また、当社技術による不織布を細胞足場とした三次元培養法においては、細胞1個当りのエクソソームの産生量が、培養皿を用いた二次元培養法と比較し、2倍以上多いことがわかってきました(特許出願中)。また、脂肪幹細胞であれば、添加するだけでさらに2倍多くエクソソームを産生させる因子を発見(エクソブースト®、特許出願中)しており、人手による製造方法と比較し、約80倍のエクソソーム産生が可能となりました。


上記の標準キットを用いた、培養上清・エクソソーム製造用キット(エクソブースト回収液を含む)の発売を開始しました。

 

現在大量に培養上清液を購入されている、品質に懸念がある、外国製品を利用しており安全性に懸念のある方々は、自前製造での培養上清液にご期待をお持ちではありませんか?

当社の安全な成分にて培養および製造が可能であり、自動培養による一定の品質のエクソソームを含む、大量かつ安価な培養上清液の製造を志向される方は、どうぞお問い合わせよりご要望下さいませ。

 

2021年08月13日